チーズイメージ

チーズを美味しく保存する方法

ナチュラルチーズは種類によって、木箱やラップに包まれています。
賞味期限はあくまでも、美味しく食べられるピークですが生物ですから、早めに食べてあげるとチーズも喜びます。
火を通せるものは多少の融通は効きますが、白カビや黒カビチーズは酸味が強くなったり、アンモニア臭が強くなりますから早めに食べるのが一番なのです。
表面にカビが見えたら、取り去ってしまえば食べられますが、味が変わっているようなら劣化していますのでその日の内に料理して使いきります。
劣化を抑えるには正しい保存をすることが大切になるので、封を開けたらラップで空気が入らないようにして密閉容器やビニールで保存しましょう。
ラップは常に新しいものに変えておくのが、フレッシュな味を保つ秘訣です。
フレッシュ・白カビ・セミハード・ハードタイプのチーズはラップでぴったりと包めばOK。
ウォッシュタイプ・シェーヴルタイプのチーズは、表面の水気を取ってから暫く乾かすとラップに包みやすくなります。
青カビチーズは、ラップに包んでからアルミホイルを更に上からかけて包むと味が変わりません。
一度手を付けたら賞味期限をラップに書いておきます。
出来ればそれ以前に食べきってしまってください。

Copyright(C) 2010 cheese.com All Rights Reserved.