チーズイメージ

チーズの美味しさも色々

ナチュラルチーズは大きく分けると7種類になり、味や風味も其々に違います。
熟成方法や、菌の種類によっても香りや口当たりが個性的です。
【フレッシュチーズ】
モラレッッアチーズのように、熟成させないチーズで柔らかで口どけもヨーグルトに似ています。
酸味とミルクの香りを楽しめるものでフルーツと一緒に食べたりとデザート感覚のチーズです。
【白カビ熟成】
カマンベールに代表されるソフトなチーズです。
ブリー・カマンベールは匂いも独特ですが、熱を加えない加えても美味しく食べられるものでお酒やワインのおつまみに選ばれやすいですね。
生クリームを使ったチーズも白カビの仲間ですが、脂肪分がミルクタイプより高くなります。
【ウオッシュ】
塩水で表面を何度も洗い流しながら熟成していきます。
地酒で洗う地方もあるので香りにクセもあります。
香りがあるものは、ワインやブランデーのお伴にぴったりで大人向きのチーズですぬ。
【青カビ】
世界三大ブルーチーズはあまりにも有名で、ゴルゴンゾーラ・ロックフォール・スティルトンは塩分も高く酸味もあるチーズ。
最近ではカビの少ないものもありますから、ブルーチーズが苦手な人も食べやすくなっています。
ピリッと刺激があるのも特徴ですね。
【シェーヴル・ブルビ】
シェーヴルは山羊のミルクを使ったチーズで、パサッとした食感に酸味が特徴ですね。
ハムのように筒になっていて乾燥しないように、木炭等をまぶしてあったりします。
ブルビは羊のミルクで作ったもので非常に濃厚なチーズです。
パンに乗せて焼いて食べるとたまらなく美味しいですよ。
【ハード系】
セミハード、ハードがありセミハードは、ピザやパンに良く使われています。
ゴーダチーズが代表的ですね。
パルミジャーノ・レッジャーノやグリュイエールに代表されるハードタイプは、旨味とコクがあり山岳地帯の保存食として作られた山手線チーズ。
ハイジのチーズもハードチーズですよ。

Copyright(C) 2010 cheese.com All Rights Reserved.